SUBARU、インプレッサに特別仕様車 リーズナブルな価格で発売

2018年2月27日 11:36

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

SUBARUインプレッサSPORT(写真左)/G4(右)の特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」発売。価格はリーズナブルで、FFが210.6万円、AWDが232.2万円

SUBARUインプレッサSPORT(写真左)/G4(右)の特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」発売。価格はリーズナブルで、FFが210.6万円、AWDが232.2万円[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUは、インプレッサSPORTとG4の特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を設定し、2018 年2 月26 日に発表、4 月24 日に発売する。

【こちらも】SUBARUとSTI、2018年度のモータースポーツ活動概要を発表

 「1.6i-L EyeSight S-style」は、インプレッサの人気グレードである1.6i-L EyeSight に、スポーティなエクステリア装備と充実したインテリア装備を加え、リーズナブルな価格設定とした、SUBARU 60周年記念特別仕様車だ。

 エクステリアで特徴的なのは、切削光輝タイプの16インチアルミホイール+205/55R16タイヤをはじめ、サイドシルスポイラーやメッキ加飾付フロントフォグランプカバー、LEDサイドターンシグナルランプ付ドアミラー、ブラックベゼルのLEDハイ&ロービームランプ、ヘッドランプオートレベライザー、ポップアップ式ヘッドランプなどを採用。最上級グレードである「2.0i-S EyeSight」 をイメージした、スポーティなエクステリアに仕上げた。

 インテリアは、本革巻ステアリングホイールを標準装備としたほか、シフトブーツ・ピアノブラック調加飾パネル付の本革巻セレクトレバーやアルミパッド付スポーツペダル、シルバーステッチ入りのファブリック&トリコットシート、シルバーのメーターバイザーリングなどの充実した装備を追加した。

 加えて、後退時自動ブレーキシステムを搭載した運転支援システム「アイサイト」や歩行者保護エアバッグを標準装備とし、インプレッサユーザーに安心・安全を提供する。

 インプレッサ特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」の価格はスポーツ/G4ともにFFバージョンが210.6万円、AWDバージョンが232.2万円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SUBARU、2018年度モータースポーツ活動についてSTIと共同発表
トヨタ、「無闇に規模拡大を狙わず」世界3位も、過去最高純利は世界一
SUBARU、オートサロンで「VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」発表
SUBARU、3列シートのミッドサイズSUV「ASCENT」、北米で来夏発売
2017年10月、軽自動車好調、登録車販売低迷。一連の問題で日産車急落

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別仕様車スバルインプレッサアイサイト(EyeSight)

広告

財経アクセスランキング