SUBARUとSTI、2018年度のモータースポーツ活動概要を発表

2018年2月13日 20:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

5月10日~13日に開催する、第46回ニュルブルクリンク24 時間耐久レースに参戦する「SUBARU WRX STI」

5月10日~13日に開催する、第46回ニュルブルクリンク24 時間耐久レースに参戦する「SUBARU WRX STI」[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUと同社モータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)が、2018 年のSUBARUモータースポーツ活動参加概要について発表した。STI は今年、設立30 周年を迎え、SUBARU車をベースとしたコンプリートカーの生産とモータースポーツへの挑戦をふたつの柱に掲げて積極的に取り組み、存在感のある企業を目指すとした。

【こちらも】スバル・インプレッサ 特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を発売 商品力にふさわしい整備体制を!

 まず、日本国内最高峰のモータースポーツカテゴリーであるSUPER GT のGT300 クラスに、SUBARU BRZ GT300 で参戦する。チーム総監督はSTI の渋谷真プロジェクトゼネラルマネージャーが務め、チーム運営は神奈川県平塚市の「R&D SPORT」(代表:本島伸次氏)が担当する。ドライバーは昨年に引き続き井口卓人選手と山内英輝選手の2名体制で臨む。

 2018 年の参戦車両は、水平対向ボクサーエンジンの燃焼効率の改善、空力特性、ブレーキ熱容量の向上、タイヤ接地効率の改良などを施し、悲願のシリーズ優勝を狙う。

 また、2008 年から11 年連続の参戦となる第46 回ニュルブルクリンク24 時間耐久レース(ドイツ・プファルツ州アイフェル、5 月10日~13日)に、SUBARU WRX STI で参戦し、SP3Tクラスで5度目のクラス優勝を目指す。

 チーム監督はSTI の辰己英治氏が務め、チーム運営はSTI エンジニアと全国のスバル特約店から選抜されたメカニックが行なう。

 ドライバーは昨年に引き続き、カルロ・ヴァンダム選手(オランダ)、ティム・シュリック選手(ドイツ)、山内英輝選手(日本)に加え、新たにSUPER GT ドライバーの井口卓人選手を加えた4 名体制で臨む。

 2018 年の参戦車両は、エンジン出力特性の向上、パドルシフトの継続使用、ギヤ比の最適化、ブレーキ大径化など、すべての面での信頼性向上に主眼を置いた改良を施し、昨年リタイヤの雪辱を果たすとしている。

 なお、GAZOO Racing 86/BRZワンメイクレースの各イベントにも、STI がサービスチームを派遣し、SUBARUユーザーのサポートを実施する予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、「無闇に規模拡大を狙わず」世界3位も、過去最高純利は世界一
SUBARU、オートサロンで「VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」発表
SUBARU、3列シートのミッドサイズSUV「ASCENT」、北米で来夏発売
FRスポーツ「トヨタ86」、Brembo製ブレーキ標準装備し、大きく進化
来春、モデルチェンジが噂されるSUBARU「フォレスター」に特別仕様車

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスバルBRZ(スバル)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース