マレーシアで未知の言語発見 「盗む」「売る」を表す語彙なし

2018年2月16日 08:10

小

中

大

印刷

●話すのはわずか280人

 マレーシアのセマン族である280人が話す言語が新たに発見された。この言語は「ジェデク(Jedek)」と呼ばれている。また、話者のライフスタイルを反映しており、「盗む」「売る」という言葉が存在しない代わりに、共有や交換の概念の語彙は非常に豊富だという。

【こちらも】Facebookの人工知能、人間に理解できない言語を使い始める

 「ジェデク語」についての詳細は、スウェーデンのルンド大学の研究として雑誌「Linguistic Typology」に掲載されている。

●セマン族の言語地図作製中に偶然見つかったジュデク語

 ルンド大学のJoanne Yager教授とNiclas Burenhult教授は、2005年から2011年にかけてマレー半島のセマン族の言語地図を作成するプロジェクトに参加していた。セマン族は、狩猟採集生活を営みながらそれぞれの部族の独自の文化や伝統、言語を守り続けている。

 プロジェクトの進行中、2人の研究者は非常に特異な現象にでくわした。クランタン州のルアル川沿いに住む人々の言語が、近隣に住む人々が話す言葉とはまったく違うことを発見したのだ。また、これまで人類学者や言語学者に発見されたことのない未知の言語であることも判明した。

 マレー半島に1000年にわたって住み続けているといわれているこの部族は、大人子供合わせて280人であった。

●音韻も文法もジャハイ語との類似点は皆無

 スウェーデンの2人の研究者は、この村でジャハイ語の調査を行っていた。ところが、ジュデク語とジャハイ語とは、単語も音韻も文法もまったく共通点が見られなかった。言語学的に見ると、ジュデク語の構造はむしろマレー半島とは関係のない地区の言語との共通点が見られるという。

 言語学者のフェデリーコ・マシーニはこう語る。

 「パプア・ニューギニアからマレー半島にかけてのこの地域は、地球上でもっとも言語の可変性が高いところです。一定の地域に多彩な言語が存在するということは、他言語との境界線を引くのが非常に困難です。ですから、新しい言語の発見は大変珍しいことといわざるを得ません。新しい言語の発見により、新しい文化と思想を持つコミュニティーに触れることができるという点で、とても喜ばしいニュースです」。

●差別、暴力、法律が存在しない世界

 ジュデク語を話す人々の社会は、実際我々が住む社会とは異なる点が非常に多い。差別という概念がなく、暴力や競争を好まず、法律や専門職も存在しないという。

 ただし、生存をかけて狩猟生活で生き残るためのスキルを備えていること、協力し合い共有の資源と財産を守ることは社会生活の基本になっている。この習慣は、彼らの言語に反映されている。

 つまり、ジュデク語には職務や裁判所といった語彙が存在しないほか、「貸与する」「盗む」「売る」「買う」などの言葉もない。その代わりに、「交換」と「共有」に関する語彙が豊富に存在している。

●今後100年で地球上の半分の言語が消滅する可能性

 ルンド大学の研究者は、戦争や政争によって今後100年のあいだに全言語の半分は消滅する危機にある、と警鐘を鳴らす。

 言語は、コミュニティーの誕生とともに生まれ、その滅亡によって死滅する。その意味では、ひとつの言語を保護することは文化、慣習、思想の保存に直結する、と言語学者のマシーニも語っている。

関連キーワードマレーシア

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース