異国文化に触れて吉之助にも変化が!「西郷どん」第6話レビュー

2018年2月14日 20:30

小

中

大

印刷

■鈴木亮平と渡辺謙がぶつかる6話

 2018年大河ドラマ「西郷どん」の6話が2月11日に放送された。前回の相撲回とは打って変わり、いきなり牢獄に閉じ込められた吉之助。そこで異国の言葉を話す「謎の男」と出会うのだが、その正体や物語の展開に注目が集まったようだ。

【こちらも】史実よりも人物にスポットを当てた大河!「西郷どん」5話レビュー

■相撲を取った吉之助が牢獄に……

 斉彬(渡辺謙)と相撲を取り、その勝負に勝ってしまった吉之助(鈴木亮平)は牢獄に囚われてしまう。途方にくれる吉之助だったが、同じ牢獄には謎の男(劇団ひとり)がいた。彼は日本人だが異国の言葉を話し、日本語を話そうとしなかった。彼のことが気になった吉之助は、男を連れて牢獄を脱出するのだった。

 脱出した吉之助は男と共に実家へ戻り、彼に食事をもてなすことにする。それでも一向に日本語を話そうとしないので、正助(瑛太)を呼んで翻訳させてみる。そこで本当に異国語を話していることはわかったが、やはり自身のことについて話そうとはしなかった。

 実は、吉之助を牢獄に入れたのは斉彬の画策だった。吉之助の懐の深さを見込んだ斉彬は、彼ならば男の心を開けると見込んでいたのだ。吉之助が牢に入れられたのは演技で、そして脱出できたのもすべて斉彬の思惑通りだったのだ。

 斉彬に答えるように、何も話さない男に対しても献身的に尽くす吉之助とその母。その優しさに触れ、ついに男は自身のことについて話し始める。彼は土佐藩の漁師の息子で、遭難中にアメリカの船に助けられたジョン万次郎だった。彼は異国のことを話し、その中には「アメリカでは好きな人間同士が付き合う」という事実を知る。この言葉に吉之助を始め、正助も驚きを隠せなかった。

■異国事情が日本を脅かす

 正体が判明したジョン万次郎は斉彬に招かれることになる。斉彬は彼から外国事情について細かく聞き出そうとするも、その話の内容は信じられないものばかりだった。やはり日本は海外から遅れており、今戦っても勝てる見込みがないことを思い知らされた。

 その一方、糸(黒木華)は縁談の話を受けるかどうか迷っていた。一向に吉之助が自分の気持ちに気付く様子がないが、正助から教えてもらった「ラブぜよ」という言葉を信じてもう一度彼にアタックする。しかし、反対に縁談を進められてしまう上、吉之助自身に縁談がやってきた事実を知ってしまう。どうでもよくなった彼女は縁談を承諾し、ついに嫁に行ってしまうのだった。

 恋愛要素の強い回になったが、西郷隆盛を語る上で避けて通れないジョン万次郎も登場。今後、彼がどのように絡んでくるのか楽しみである。

 「西郷どん」はNHKにて毎週日曜日20時から放送中。(藤田竜一)

関連キーワード渡辺謙黒木華西郷どん鈴木亮平

「テレビ・ドラマ」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース