【銘柄フラッシュ】倉庫精練など急伸しパシフィックネットは2日連続ストップ高

2018年2月8日 19:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 8日は、N・フィールド<6077>(東1)が18.0%高となって東証1部の値上がり率1位になり、7日発表の第3四半期決算が好感されて最近の全体相場の下げ局面で押された下げを完全に奪回して戻り高値。

 2位は日本電子材料<6855>(東1)となり、同じく7日発表の第3四半期決算が好感されてストップ高の17.6%高。

 3位はシンクロ・フード<3963>(東1)となり、やはり7日発表の第3四半期決算が好感されてストップ高の17.3%高。

 倉庫精練<3578>(東2)は金沢市の保有土地(駐車場約6000平方メートル)に関する思惑などが出ているようで2日連続ストップ高の29.1%高。パシフィックネット<3021>(東2)はサイバー攻撃対策システムなどに期待が強く2日連続ストップ高の14.7%高。

 すららネット<3998>(東マ)は7日に発表した12月決算が2ケタ増収増益となり、今期の見通しも全体に2ケタ増とあってストップ高の22.6%高。手間いらず<2477>(東マ)は7日発表の四半期決算などが注目されて後場ストップ高の18.2%高。フィル・カンパニー<3267>(東マ)は東証1部昇格に向けた立会い外分売が好感されて18.1%高。

 ラクオリア創薬<7621>(JQG)は6日発表の前期決算や今期見通しが好感されてストップ高の18.6%高。アビックス<7836>(JQS)は5日発表の四半期決算などが好感されて出直りを強め16.2%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】竹内製作所はトランプ減税策のメリット関連株は第3四半期決算発表に先取り買い妙味(2018/01/02)
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース