ヤマハのロードスポーツ「MT-03」「MT-25」2018年モデルが登場

2017年12月30日 20:55

小

中

大

印刷

MT-03 ディープパープリッシュブルーメタリックC。(画像:ヤマハ発動機発表資料より)

MT-03 ディープパープリッシュブルーメタリックC。(画像:ヤマハ発動機発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • MT-25 マットグレーメタリック3

 ヤマハ発動機は、同社のロードスポーツモデル「MT-03」と「MT-25」の2018年モデルの発売を発表した。カラーリング、グラフィックが変更となり、2018年3月5日より発売になる。

【こちらも】ヤマハ、ロードスポーツモデル「XSR700ABS」日本仕様車を発売

 「MT-03」と「MT-25」は、ヤマハのMTシリーズのエントリーモデルとして位置づけられる製品である。MTシリーズに共通するシャープで躍動感のあるスタイリングと、軽快な走りが売りだ。

 2018年モデルは、03・25ともに3色が設定され、MTシリーズのハイエンドモデルとのリレーションがより強調されたグラフィックに改められた。

 「ディープパープリッシュブルーメタリックC」は、ブラックを基調としてヤマハのスポーツスピリットを表現するブルーを配し、スポーティーなイメージが強調されている。

 「マットグレーメタリック3」は、ホイールやグラフィックにイエローのアクセントカラーが加わり、軽快感が表現されている。

 「マットブラック2」は、マットとグロスのコンビネーションと、夜間に光を反射する新グラフィックを施された、シンプルながらも質感を感じさsるカラーリングである。

 MT-03の水冷・直列2気筒320cm3エンジン、MT-25の水冷・直列2気筒249cm3エンジンには変更はない。製造を行うのはヤマハのグループ会社、PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)である。

 メーカー希望小売価格は、MT-03が56万7,000円。MT-25が53万4,600円。(税込。リサイクル費用を含み、保険料、消費税を除いた税金、登録諸費用等は含まない)販売計画台数は、03が年間700台、25が年間1,800台である。(藤沢文太)

関連キーワードヤマハ発動機

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース