ダイハツ、魅力的なコンパクトSUV「テリオス」をインドネシアで発売

2017年11月28日 07:20

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ダイハツがインドネシアのふたつの工場で生産する特徴的なFRレイアウトのコンパクトSUV「テリオス」発売。日本に輸入すれば、そこそこヒットしそうな予感がするモデルだ

ダイハツがインドネシアのふたつの工場で生産する特徴的なFRレイアウトのコンパクトSUV「テリオス」発売。日本に輸入すれば、そこそこヒットしそうな予感がするモデルだ[写真拡大]

写真の拡大

 ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社(ADM)は、コンパクトSUV「テリオス(TERIOS)」をフルモデルチェンジし、インドネシアで11月23日に発表した。

【こちらも】次期タントか!?ダイハツのコンセプトカー「DN U-SPACE」が東京モーターショーに

 新型「テリオス」は、世界的なSUVブームの中、3列シートレイアウトによる多人数乗車が可能で、多くの荷物を積むことができ、悪路などさまざまな道路環境へも対応可能など、現地で求められるニーズを反映した本格7人乗りコンパクトSUVである。

 また、トヨタ自動車へのOEM供給を実施しており、OEM車両のトヨタ「ラッシュ」は、今後、トヨタを通じて、新興国向けの輸出を検討しているという。輸出先での仕様や耐久性などの検証も含め、ダイハツとADMが開発を担当し、ADMで生産する、今後のダイハツ新興国事業の先駆けとなる車両だ。

 新型「テリオス」は、プラットフォームを刷新し、競合車が多く市場投入されるカテゴリーで、従来モデルから好評な特徴的な駆動レイアウト「FR方式」の特徴を生かした操縦安定性や乗り心地、NVH性能、高い走破性に加え燃費などの基本性能を大幅に向上させた。

 新しいプラットフォームは、インドネシア市場で好評の「セニア」のプラットフォームをベースに車両特性に合わせた改良を加え、高い基本性能を実現した。エンジンは、アセアン向け次世代エンジンとなる1.5リッター「2NR-VE」を搭載する。組み合わせるトランスミッションは、5速マニュアルと4速オートマティックとなる。

 内外装デザインは、ADMデザイナーの開発参画により現地ニーズを反映し、同国でシェアの高いコンパクトミニバン系MPVモデルから乗り替えるユーザーを想定し、ひとクラス上の質感を感じられる「ダイナミック&ハイクオリティ」をキーワードに、上質感のあるデザインとした。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4435×1695×1705mmとトヨタの初代RAV4(4ドア版)並みにコンパクトだ。

 現地工場の生産能力にもよるが、2016年春以来途絶えている、トヨタへOEM供給を早期に再開して、日本国内でも「ラッシュ」(名称は変えても)として発売したなら、CH-RよりもずっとコンパクトなFRのSUVとして人気が出そうな気がする。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ダイハツ、軽商用車ベストセラー「ハイゼット」シリーズ、改良で安全性能アップ
2017年10月、軽自動車好調、登録車販売低迷。一連の問題で日産車急落
ダイハツ、東京モーターショーで魅力的なコンパクトSUV展示、発売間近か
2017年1月?9月国内新車販売。強いN-BOXとノート、トヨタHV軍団苦戦
2017年上半期国産新車販売、112.1%と好調、日産ノートとトヨタC-HRが注目株

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車SUVインドネシアダイハツ工業RAV4

広告

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース