スパコンTOP500、Linuxのシェアが100%に

2017年11月24日 07:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 スーパーコンピュータの計算能力ランキング「TOP500」2017年11月版についてはすでに取り上げられているが、今回のランキングではランクインした500のシステムのすべてがOSにLinuxを採用しているという(マイナビニュース)。

 Microsoftは一時期Windows Server 2003 Compute Cluster Editionなるスパコン用のOSを推進したこともあったが普及することはなく、Linuxのシェアは10年前の時点でも8割を超えていた。Linuxが初めてトップ500に登場したのは、1998年6月。それから10年で8割のシェアを握り、次の10年で残った2割を押さえたことになる。

 サーバーやスマホでもLinuxのシェアは高く(AndroidはLinuxカーネル)、もうフロンティアはPCしか残されてはいないのではないだろうか。そのPCもChrome OSがいずれはWindowsのシェアを抜くこともあるかもしれないし、LinuxベースのSteamOSが普及するかもしれない。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | スパコン

 関連ストーリー:
スパコン世界ランキング、総計算能力でも中国が米国を抜いて世界一位へ 2017年11月16日
世界スパコンランキング2017年11月版発表、海洋研究開発機構の「暁光」が4位に 2017年11月15日
ベンチャー企業開発のスパコンが日本一の性能を達成 2017年10月29日
スパコン世界ランキング「TOP500」2017年6月11月版発表、トップは前回同様中国の神威太湖之光 2017年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidMicrosoftWindowsChromeLinuxChrome OSスーパーコンピュータ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース