スパコン世界ランキング、総計算能力でも中国が米国を抜いて世界一位へ

2017年11月17日 11:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 11月13日にスーパー・コンピューターの性能ランキング「TOP500」が発表されたが(過去記事)、これによると中国は世界最速のスーパー・コンピューター2台を保有するだけでなく上位500台のうち202台を保有、総計算能力でも中国は世界一となった。(MIT Technology ReviewEnterprise CloudSlashdot)。

 中国のスーパーコンピュータの計算能力の合計はランクインしたコンピューター全体の計算能力の合計の35.4%を占める。一方でこれまでこの分野で支配的なプレーヤーだった米国について見てみると、上位500台にランクインしたのは144台で、計算能力の合計は全体の29.6%。米国のスーパー・コンピューターの後退を痛烈かつ明確に強調する結果となった。

 これほどまで米国の存在感が薄いのは、スパコン上位500のリストが25年前に公表されるようになってから初めてのことだという。

 スラドのコメントを読む | スパコン | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
世界スパコンランキング2017年11月版発表、海洋研究開発機構の「暁光」が4位に 2017年11月15日
スパコン世界ランキング「TOP500」2017年6月11月版発表、トップは前回同様中国の神威太湖之光 2017年06月20日
世界最速のスーパーコンピュータ「神威太湖之光」が採用する中国独自CPU「SW26010」の概要が明かされる 2017年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国スーパーコンピュータ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース