JASRAC、映画館への音楽使用料を見直す方針

2017年11月10日 14:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、映画に使われる音楽の使用料金引き上げを計画しているという(BuzzFeed日経新聞オリコンニュース朝日新聞)。

 現在は外国作品の場合、1本あたり18万円を映画配給会社が支払っている。このルールを変更し、国内興収の1~2%を徴収することを目指しているという。また、邦画については初公開時のスクリーン数での徴収となっているが、こちらについてもJASRAC側は今後変更したいと考えているようだ。

 変更するということはトータルではそのほうが取り分が増えるという計算なのだろう。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権

 関連ストーリー:
音楽著作権管理会社NexTone、YouTubeと再生回数に応じた著作権料を徴収する契約を締結 2017年09月06日
「爆風スランプ」のファンキー末吉氏、著作権使用料の分配について文化庁に対し上申書を提出 2017年08月21日
音楽教室らの事業者団体、文化庁に対し裁判の結果が出るまで行政手続きを保留するよう求める 2017年07月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

関連記事

広告