レクサス、自動運転技術搭載車「LS+Concept」を世界初公開

2017年10月30日 10:56

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

LEXUSフラッグシップセダン「LS」の将来像をイメージした先進的で威厳のあるデザイン「LS+Concept」、燃料電池搭載はあるのか?

LEXUSフラッグシップセダン「LS」の将来像をイメージした先進的で威厳のあるデザイン「LS+Concept」、燃料電池搭載はあるのか?[写真拡大]

写真の拡大

 LEXUSは、10月28日から一般公開された東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+Concept」を世界初公開した。

【こちらも】【トヨタ・新型レクサスLS】世界初!衝突回避に自動ブレーキ+自動ハンドル操作

 LEXUSは交通事故死傷者ゼロを目標とし、「統合安全コンセプト」に基づく先進技術を積極的に投入し、普及を図ってきた。また、安全でスムーズな移動体験と運転の愉しさの提供を目的として、最先端の自動運転技術開発に取り組み、2020年代前半には一般道での自動運転を実現する「Urban Teammate」を実用化することを目指す。

 「LS+Concept」は、モーターショーの1週間前に新型に生まれ変わったばかりのフラッグシップセダン「LEXUS LS」の将来像を示すコンセプトカーで、最先端技術を搭載したのが大きな特徴だ。先進的かつ威厳のあるデザイン、2020年の実用化を見据えた自動運転技術の搭載など、LEXUSの先見性を象徴するモデルとして開発した。

 将来のLSを示唆するコンセプトカーとして、LEXUSのデザインフィロソフィー「L-finesse」に基づいた次世代デザインの方向性、フラッグシップとしての威厳ある表情を創出している。

 また、大型グリルシャッターにより冷却性能と空力性能を両立させ、より大胆に進化したスピンドルグリル、一部の光源にレーザーを用いた灯火類や電子アウターミラーなどにより、LEXUSの先見性も表現した。

 自動運転技術の開発が、安全、スムーズ、自由に移動できることを追求。具体的には、2020年の実用化を見据えた自動運転技術「Highway Teammate」を採用し、自動車専用道路において入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することを可能としている。

 実際の交通状況に応じて車載システムが適切に、認知・判断・操作することで、自動車専用道路での合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などを実現するシステムだ。

 クルマとデータセンターを通信でつなぎ、ソフトウェアを更新することで機能の追加を図るほか、道路や周辺データなどのビックデータを用いて学習させた人工知能(AI)により、高性能な自動運転を実現するとしている。

 なお、噂の域を出ないが、次期「LEXUS LS」には、パワーユニットに燃料電池(FC)を搭載したモデルもラインアップするとも……。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
レクサス、最上級セダン「LEXUS LS」をモーターショー直前に発売
レクサス、東京モーターショーで新型「LS」公開、加えて新コンセプトカーも
レクサスの最量販SUV「NX」をマイナーチェンジ、安全装備の充実を図る
「LEXUS CT」マイナーチェンジ。アグレッシブな外観を得て、安全装備が充実
LEXUS最上級セダンLS500のスポーツバージョン“F SPORT”をNYショーで発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードレクサス(LEXUS)自動運転コンセプトカー人工知能(AI)東京モーターショーLEXUS LS

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース