神戸製鋼、今度はISO9001の要件を満たしていないとの疑惑

2017年10月21日 11:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 多数の製品の検査過程で偽装を行っていたことが判明した神戸製鋼だが(同社の発表した確認済み「不適合製品」一覧)、今度は同社が取得している品質マネジメントシステムに関する国際標準規格ISO901認証について実際には同社が規格の要件を満たしていないのではないかという疑いが出ている。そのため認証を行っている審査期間が調査を行う方針とのこと(NHK時事通信)。

 ISO9001は品質管理のためのシステムを確立するための規格。ISO9001認証を取引条件とする企業もあるという。調査の結果要件が満たされていないと判断された場合、認証の一時停止や取り消しの可能性もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ニュース

 関連ストーリー:
神戸製鋼の不正は40年以上続く「伝統」だった? 2017年10月18日
英国で導入された高速鉄道の新型車両でトラブルが相次ぐ 2017年10月19日
神戸製鋼、アルミや銅以外でも不正の可能性 2017年10月13日
神戸製鋼がアルミや銅製品で強度などを偽装して出荷していたことが発覚 2017年10月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「鉄鋼・非鉄金属業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース