人間が家で長い時間を過ごすのは石器時代からか

2017年10月14日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 約5万8000年前の石器時代から、人間は「家」で長い時間を過ごすようになっていたという研究結果が発表された(GIGAZINEPlosOnePHYS.ORGSslashdot)。

 研究チームが南アフリカのシブドゥー洞窟を調査したところ、さまざまな石器や石を使った装飾品、骨を使った道具などが見つかったという。また、さまざまな動物の骨なども見つかっており、約5万8000年前の人々はそれ以前の人々よりも長い時間をこの洞窟の中で過ごしていたことがうかがえるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
少なくとも4300年前にはチンパンジーは石器時代に突入していた? 2015年09月04日
アイスマンは歯が悪かった 2013年04月13日
ネアンデルタールは人間の先祖ではないらしい 2004年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアフリカ

「サイエンス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース