カナダ・大手通信会社、カナダは海賊版Webサイトの避難所と指摘

2017年10月4日 11:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok 曰く、 カナダの大手通信会社ベル・カナダが、カナダ政府は海賊版サイトへのアクセスブロックなどの規制を行うべきだと主張しているという(CBCSlashdot)。

 同社によると、昨年カナダでは海賊版Webサイトに対して18億8千万のアクセスがあったという。もちろんカナダでも著作権者が著作権侵害を行うサイトを訴えることは可能だが、同社はこれだけでは不十分だと考えており、この問題を解決するには政府が海賊版サイトのブラックリストを作成してアクセスを阻止するべきだと主張している。

 同様のブラックリストを運用している国にイギリスがある。イギリスの場合は、裁判所の承認を得て定期的に対象サイトをブロックする形を取っている。しかし、ベル・カナダの計画はそれとは異なり、放送規制担当者(CRTC)などの独立機関が、違法サイトのブラックリストを作成するという。これに対して同社の計画は司法監視が伴わなずインターネット上の検閲が広がる、つまり通信法に違反している可能性があると指摘する識者もいるようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | カナダ | 海賊行為

 関連ストーリー:
カナダでNetflixがVPN経由の視聴を制限、海賊版利用者が増える結果に 2016年05月03日
違法ダウンロードユーザーを訴える大規模な裁判は非現実的 2014年02月28日
カナダレコード協会、インターネット規制を政府に要請 2014年01月27日
カナダ、違法ダウンロードの取り締まりがいよいよ本格的に始まる 2012年11月29日
「海賊行為は市場展開の失敗によるもの」カナダ研究 2011年04月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害イギリス海賊版カナダ裁判

関連記事

広告