民進・前原代表、安倍政権終焉へ全力 首相会見受け

2017年9月26日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の前原誠司代表は25日、安倍晋三総理が2019年10月に引き上げる消費税の2%増税分の使途変更を理由に国民の信を問う必要があるなどとして「28日に衆議院を解散する」と表明したことを受け「安倍政権を続けさせないという1点で戦っていく」と安倍政権終焉へ全力を挙げる決意を示した。

【こちらも】「28日に衆議院を解散」安倍首相が記者会見で表明

 前原代表は安倍総理の記者会見に「会見に説得力が全くなかった」と述べた。前原代表は「生産性革命と人づくり革命と(総理は)言っていたが、前者は中身が全くない。後者は少子高齢化に対応するというが、少子高齢化は何十年も前から分かっていること。今やることに革命という言葉を使うことには極めて理解できない」とした。

 そのうえで「消費税が上がるのは2019年10月で2年先。なぜ今解散・総選挙なのか。しかも野党が6月22日に憲法53条に基づいて国会開会を要求したことを無視し続け、ようやく開くと思ったら、議論せず解散という。森友・加計問題を追及されるのが嫌で、まさに自己保身解散以外の何物でもない」と強く指摘した。

 また選挙争点について「北朝鮮問題に対しどうのこうのではなく、憲法違反の疑いのある安保法制をゴリ押しし、揚げ句の果てにお友達を優遇し、学校学部建設(加計学園獣医学部新設)に便宜を図ったという疑いが出ている。(森友学園への国有地払い下げの)8億円もの値引きの説明もなされず、それを隠して政府寄りの答弁をした人物を国税庁長官に任命する」などなどを指摘し「すべてにおいて、安倍政権を続けさせないという1点で選挙を戦っていく」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
安倍政権維持か、政権交代か、是々非々かの選挙
モリカケ「きちんと説明する覚悟での解散」自民
小選挙区1対1へ調整急ぐ必要呼びかけ 志位氏
森友加計、原発、安保、立憲で政権裁定する好機
問われるのは安倍政権の政治体質 枝野代表代行

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三北朝鮮消費税増税民進党安保法制憲法前原誠司選挙国会森友学園加計学園

関連記事

広告