東芝の半導体事業売却、「日米連合」と大筋合意か

2017年8月28日 16:22

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 東芝の半導体部門である東芝メモリの売却問題で、協業先の米ウエスタンデジタル(WD)を始めとする「新日米連合」との契約で大筋合意したと報じられている(朝日新聞)。

 WDが将来に渡って持つ株式は議決権の3分の1未満とし、経営の重要事項に拒否権を持たない条項を契約に含め、WDから役員も送り込まないなど、東芝メモリの独立性を重視した契約となっているようだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
東芝、「限定付き適正」の監査付き有価証券報告書を提出 2017年08月10日
東芝、東証2部に降格 2017年08月01日
東芝には従業員を監視する秘密組織が存在した? 2017年07月20日
東芝、WDに対して不正競争行為の差止めと1200億円の損害賠償請求訴訟を提訴 2017年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東芝半導体東芝メモリ

関連記事