JASRAC、理容店と飲食店を提訴 楽曲を無断にBGM使用で

2017年7月12日 15:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、同協会の管理する楽曲を無断でBGMで使用したとして札幌市の理容店と高松市の飲食店を提訴した(朝日新聞)。

 ともに楽曲使用の差止と損害賠償を求めている。損害賠償請求額はそれぞれ約3万円と約7万円とのこと。JASRACが著作権使用料を求めて提訴するのは初めてだという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 法廷 | 著作権

 関連ストーリー:
音楽教室らの事業者団体、文化庁に対し裁判の結果が出るまで行政手続きを保留するよう求める 2017年07月05日
JASRAC、ネット上への歌詞掲載でも「引用」であれば使用料は不要と明言 2017年05月25日
入学式の式辞での歌詞引用に対し著作権使用料絡みの騒動が発生 2017年05月19日
カラオケを歌う様子を撮影した動画をYouTubeにアップロードすると著作権侵害になる可能性がある 2017年05月17日
JASRAC、結婚披露宴向けの映像制作会社に対し著作権侵害を主張 2017年03月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

関連記事

広告