民進・蓮舫代表、証人喚問や新資料の事実確認を要求

2017年6月9日 07:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の蓮舫代表は8日の記者会見で、学校法人加計学園(岡山市)の大学への獣医学部新設をめぐる「内閣府の最高レベルが言っている」「総理の意向」などと書かれた文書の真偽や文科省内で共有されていたと思われるメールなどに対し「怪文書だ」(政府)、「存在は確認できなかった」(文科相)などと主張する一方、再調査する考えのないこと繰り返していることに対し「政府・与党の『再調査しない』とする姿勢は幕引きをしたい、何かを隠したがっているように思えてならない」と強く疑いの目を向けた。

 蓮舫代表は「普通は大臣であれば、省内にどういったことが起きているのか、調査を行うのが国民の信認に応える仕事だ。一切調査しないという姿勢は疑惑をより深めるだけだ」と指摘し、再調査するべきだと求めた。

また「予算委員会での集中審議や文科省事務レベルのトップだった前川喜平・前事務次官の証人喚問や関係するすべての委員会での参考人招致を含め、新たに出ている証言やメール、文書の事実確認を引き続き行っていきたい」と国民が納得できる真相解明に取り組む姿勢を示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
自民が予算委での集中審議を拒否、党首討論提示
文書など徹底調査する時期にきている
総理・官房長官の前川氏の人格攻撃はアンフェア
トップダウン型戦略特区では意向入る余地がある
獣医学部問題 集中審議と証人喚問必要と前総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード内閣府民進党蓮舫証人喚問加計学園前川喜平

関連記事

広告