回転寿司「スシロー」出前に参入 ウーバーと提携で

2017年6月5日 16:35

小

中

大

印刷

画像はイメージです。

画像はイメージです。[写真拡大]

写真の拡大

 回転寿司店「スシロー」を運営するスシローグローバルホールティングスは、東京都心の2店舗で、5日からデリバリーを開始した。ウーバーテクノロジーズの宅配サービスを利用する。

【こちらも】吉野家がデリバリーに本格参入 シェアリングデリバリー「出前館」で

 スシローは1皿108円(税込)を中心に商品を展開する、低価格路線回転寿司の草分け的存在の一つである。国内に四百数十店舗を展開している。かつて回転寿司界の年間売上首位を独走していた「かっぱ寿司」を、2010年に破り売上首位を達成したこともある大手だ。

 今回宅配サービスを開始したのは、東京都豊島区のSUSHIRO南池袋店と、同じく品川区のSUSHIRO五反田店。配送に利用するサービスは、Uberの宅配サービス「UberEATS」である。同名のスマートフォンアプリ(iOS/Android両対応)から注文すると、Uberに登録している配達員が出前を届けてくれるという仕組みだ。

 Uberとはもちろんあの言わずと知れた配車サービスのウェブサービス・アプリのUberであるが、UberEATSの日本上陸はまだ比較的に最近のことで、2016年9月29日に、東京の一部エリアでサービスが開始された。サービスエリアは、その後東京都心を中心に漸次拡大されている。

 現時点での対象商品は、全て価格は税込みで「並盛り合わせ」(15貫)1,080円、「上盛り合わせ」(16貫)1,300円、「上盛り合わせ(とろ入り)」(16貫)1,620円、「鯖の押し寿司盛り合わせ(12貫)1,730円。今後は宅配オリジナル商品なども追加される予定であるという。

 7月上旬には、東京都世田谷区のスシロー烏山店でも、こちらは楽天の配送サービス「楽びん!」を使った出前サービスの予定があり、スシローでは、今後とも宅配サービス拡充の検討を続けていくとのことである。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードUber楽天スシロー

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース