政府が弾道ミサイル攻撃に対する対応マニュアルを公開

2017年4月27日 11:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 日本政府は21日、政府が公開する「国民保護ポータルサイト」において、国内への弾道ミサイル攻撃を想定した「弾道ミサイル落下時の行動」と題した資料を公開した(ハザードラボ朝日新聞)。

 ここ最近の北朝鮮情勢の緊迫化を受けて、専門サイトへのアクセスや問い合わせが急増したことを受けてマニュアルを整備したもので、現在「その1」「その2」「Q&A」の3つの資料が公開されいる。

 これによると、ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、防災行政無線や緊急速報メール等で情報を知らせるとされており、屋外にいる場合はできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する、適当な建物がない場合は物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る、屋内にいる場合は、窓から離れるか、窓のない部屋に移動する、などとされている。

 また、屋外に居る場合は「口と鼻をハンカチで覆い、密閉性の高い屋内に避難する」「室内を目張りする」といった行動も呼びかけられている。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | 政府

 関連ストーリー:
数百ドルのドローン兵器撃墜に340万ドルのミサイルを使った米軍 2017年03月22日
北朝鮮が固体燃料を採用した新型弾道ミサイルを打ち上げ 2017年02月16日
北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイルを発射 2016年08月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮弾道ミサイル国民保護ポータルサイト

関連記事