熊本地震後被災地の景気DI、震災直後に大きく悪化も急速に改善

2017年4月19日 11:40

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 4月14日で、熊本地震が発生してから1年が経過した。この間、被災企業の施設の復旧等に対する補助制度である「グループ補助金」や日本銀行による「被災地金融機関支援オペ」など、さまざまな支援策が講じられたこともあり、復旧・復興が進んでいる。こうしたなか、被災地域の景気動向も大きく変動してきた。

 他方、被災地に所在する企業と取引がある企業は、全国で延べ約3万1,000 社にのぼるうえ、県外企業が所有する被災地域の営業所・工場等の拠点は2,065 件あるなど、影響が及ぶ範囲は全国に広がる。また、熊本地震を要因とする倒産も判明してきている。そこで、帝国データバンクは、熊本地震後の景況感の変化と倒産動向について、調査を実施した。

 それによると、熊本地震後における被災地の景況感は、震災直後に景気DIが大きく悪化したのち、その後急速に改善したという。特に「熊本県」の景気DI の変動は大きく、震災後に落ち込んだ2016年5月から2017年3月には20ポイント近く増加した。「大分県」の景気DIも同10ポイント以上増加した。こうした景況感の急速な改善を受け、「熊本県」の景況感は全国47都道府県別にみて2016年10月以降第 2 位となり、「大分県」も2017年1月には第 5 位まで上昇した。

 「熊本県」「大分県」の「売り上げDI」「生産・出荷量DI」「設備稼働率DI」は、いずれも震災1カ月後に大きく悪化。その後、企業からみた融資の積極度を表す「金融機関の融資姿勢 DI」が大きく改善するとともに、各種DIも大幅に改善。金融機関の積極的な金融支援が企業活動の急回復の支えとなったとしている。

 熊本地震関連倒産は12件判明した。地域別では、「熊本県」が7件、鹿児島県や長崎県など「その他の地域」が5件となり、「熊本県」が 58.3%を占めた。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
【食品スーパー業界の2017年2月期決算】懸命な経営努力もあり地方勢の業績伸びる
地震の二次災害「火災」リスクを減らす、感震ブレーカーへの関心高まる
電池が不要なLEDランタン 災害時の活躍に期待
機械学習で地震予知 ケンブリッジ大が実験に成功
阪神大震災から22年 各地で追悼行事や教訓伝える講演会

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大分県長崎県熊本県鹿児島県帝国データバンク熊本地震

広告

広告

写真で見るニュース

  • 水蒸気噴火のイメージ。
  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース