ASUS、AR/VR技術に対応した世界初のSIMフリースマートフォンを発表

2017年4月14日 06:30

小

中

大

印刷

記事提供元:mobilenavi

AR/VR対応SIMフリースマートフォン「ZenFone AR (ZS571KL)」(ASUS発表資料より)

AR/VR対応SIMフリースマートフォン「ZenFone AR (ZS571KL)」(ASUS発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ASUSは13日、グーグルのAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に対応した世界初のSIMフリースマートフォン「ZenFone AR (ZS571KL)」を発表した。販売は今夏の予定。

 同スマートフォンはZenFoneシリーズ史上最高のスペックで、スマートフォンとしては世界初となるメモリ8GBを搭載する。ストレージが128GBの「ZS571KL-BK128S8」とストレージ64GBの「ZS571KL-BK64S6」の計2機種を発売する。

 主な仕様として、高負荷の処理が必要となるARやVRをストレスなく楽しめるように現状のモバイルCPUの中で最高レベルの処理能力がある「Tango」に最適化されたQualcomm(R) Snapdragon(TM) 821プロセッサーを搭載。8GBメモリに加え、高速なUFS2.0を採用した大容量ストレージを搭載する。ディスプレイサイズは5.7型で、バッテリー効率の高さと色の鮮やかさが特長のSuper AMOLEDディスプレイを搭載。100%をこえるNTSC比の色再現性と2,560×1,440の解像度で色鮮やかな画像を実現する。

 さらに、手軽にVRの世界を体験できる「組み立て式VRメガネ」と、原音を限りなく再現し、AR/VRをより楽しめる高音質音源ハイレゾに対応したイヤホン「ZenEar」と本体背面をキズや衝撃から守る「クリアケース」が標準で付属される。AR(拡張現実)技術とモバイルVR(仮想現実)の両方を体験でき、さらに街の中や美術館などで物が持つ情報を視覚的に補うガイドのような役割としての機能も果たすなどさまざまな可能性が期待される。

 主な特長として、モーショントラッキングカメラ、深度カメラ、メインカメラの3つの背面カメラで構成されるTriCamシステムを搭載する。モーショントラッキングカメラは、空間を移動する自身の場所を追跡する。赤外線プロジェクターを搭載した深度カメラは実際の物体までの距離を測定し、まるで人間の目で見ているかのように周囲の環境を認識する。Tango対応のアプリを使えば、カメラをかざすだけで手が届かない場所までの距離が測定できる。

 また、部屋の中に購入検討中の家具を実寸で配置することや、メインの2,300万画素高解像度の背面カメラで細密に再現された現実空間とゲームの世界を融合させるなど、これまでの生活や遊びがより便利に、さらに楽しいものへと進化させられる可能性がある。

 同スマートフォンを装着したGoogle製のVRヘッドセット「Daydream View」と、仮想世界を操作するためのDaydreamコントローラーを使えば、コントローラーを振る動作などでDaydream対応アプリのコンテンツを操作できる。また大画面のホームシアターを楽しんだり、ゲームや仮想現実の世界に没入できたりできる。

 希望小売価格は「ZS571KL-BK128S8」が9万9,800円、ZS571KL-BK64S6が8万2,800円(いずれも税別)。(記事:阪木朱玲・記事一覧を見る

※このニュースはmobilenaviからの提供です。mobilenaviでは、スマホや最新ガジェットのニュースを配信しています。

関連キーワードGoogleSnapdragonQualcommSIMフリーVRASUSハイレゾ

関連記事