自民党沖縄県連 辺野古への移設を容認

2017年4月9日 21:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

自民党沖縄県連は8日那覇市内のホテルで開いた県連大会で、普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する決議を行った。

 大会に参加した佐藤正久参院議員は「沖縄を取り巻く厳しい環境の中、県民の命と平和な暮らしを守るためには、まっとうな政治家によるまっとうな政治を取り戻さなくてはならない」と大会で激励したとツイッターで発信。

 自民党沖縄県連は大会で「普天間飛行場の危険性の除去・早期返還実現には、最高裁判決に従い、辺野古の代替施設への移設を容認する以外に具体的かつ現実的な方策は見いだせない」としている。

 自民党の二階俊博幹事長は沖縄県連大会前日の記者会見で、沖縄県連が辺野古移設を容認する方針を示していたことに「自民党本部としても誠心誠意努力をしてきた結果、沖縄県側にも理解をいただいたということ、結構なことだと思っている」と語っていた。

 二階幹事長は、そのうえで「今後引き続きこのことで気を弛ませるというか、そういうことのないように、真剣な取り組みを続けていきたい。特に沖縄の問題は、過去からずっと歴史のある問題であり、沖縄の皆さんの複雑な思いは現にあるわけだから、これに、われわれは寄り添っていくという気持ちで、何回も何回も丁寧にやっていかなきゃならんと思っている」と記者団の質問に答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
辺野古沖岩礁破壊許可「受ける必要ない」防衛相
普天間全面返還へ全力で取り組む 稲田防衛相
普天間運用停止へ米側の協力求めなかったと批判
トランプ追随の姿勢、世界に示した 志位委員長
自然環境や住環境に最大限配慮し工事進めたい

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード佐藤正久自民党二階俊博沖縄県普天間飛行場辺野古

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
  • Photo:GAZOO Racing 86/ BRZ Race
 

広告

ピックアップ 注目ニュース