一風堂、和洋が融合した春限定ラーメン「コンソメ中華そば」発売

2017年3月28日 12:26

小

中

大

印刷

和と洋が融合した春限定の「コンソメ中華そば」税込950円(力の源ホールディングス報道資料より)

和と洋が融合した春限定の「コンソメ中華そば」税込950円(力の源ホールディングス報道資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 一風堂が国内42店舗で、和と洋のダシと食材を融合した「コンソメ中華そば」を、春限定の商品として28日から4月30日まで発売する。価格は税込で950円だ。

 一番の特徴は、鰹と昆布のダシとビーフコンソメ、福岡・糸島の「北伊醤油」の淡口醤油にポルチーニや昆布の旨みを配合した複雑なスープだ。すっきりとしながらも旨みが幾十にも重なった、インパクトのある味わいに仕上げたという。そこにフランスパンに使われる小麦粉で作る中細の平打ち麺を合わせ、力強い小麦の風味ともっちりとした歯ごたえも楽しめる、新感覚のハイブリッドラーメンを生み出した。トッピングにもこだわり、厳選したローストビーフ2枚と、エリンギで作ったメンマ、わさび菜やアーリーレッド、フライドオニオンなどの彩り野菜で、食感と見た目と風味にアクセントをつけたという。

 さらに、同商品に限り数量限定の「ミニローストビーフ丼」(税込190円)が追加注文可能となる。熱々のごはんにローストビーフの切り落としをのせ、西洋わさびを添えたサイドメニューで、余ったスープをかければ豪華なローストビーフ茶漬けとしても楽しめる。商品はいずれも1日の数量に限りがあり、品切れの場合もあるとしている。(記事:カタタク・記事一覧を見る

関連キーワードラーメン一風堂

広告

財経アクセスランキング