ホンダ、映画「GHOST IN THE SHELL」に「NM4」提供、近未来バイクに

2017年3月17日 21:33

小

中

大

印刷

デザインスケッチ(本田技研工業の発表資料より)

デザインスケッチ(本田技研工業の発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

  • デザインスケッチ
  • デザインスケッチ

 本田技研工業(ホンダ)は17日、米ドリームワークス製作のハリウッド映画「GHOST IN THE SHELL(ゴースト・イン・ザ・シェル)」に、大型二輪車「NM4」をヒーローバイクのベース車両として提供したことを発表した。

【映画は】スカーレット・ヨハンソン再来日!『ゴースト・イン・ザ・シェル』ワールドプレミア

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は世界的に評価の高い士郎正宗氏原作の漫画「攻殻機動隊」を題材とし、ハリウッドで実写化された近未来を舞台とするSFアクション映画。事故から生還、脳以外が全身義体として、世界の最も危険な犯罪者と戦うための完璧なソルジャーとして生まれ変わった主人公の捜査官・少佐役にはスカーレット・ヨハンソン、その上司である荒巻役はビートたけしが起用されている。

 「NM4」は、「近未来」と「COOL」をテーマに開発され、2014年4月に発売された。今回は「NM4」のコンセプトとそのスタイリングが作品の世界観に合致したことで、車両提供が実現したという。ホンダは車両の他にも、車両の新たなデザインスケッチを提供。映画制作スタッフがスケッチをもとに撮影車両として製作し、主人公が乗車するヒーローバイクとして使用された。

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は31日の北米公開をはじめとして、4月7日に日本で公開されるなど、全世界50以上の国と地域で順次公開される。また、劇中に登場するNM4をベースとした車両は、「大阪モーターサイクルショー2017「東京モーターサイクルショー」でも展示を予定している。

関連キーワードホンダ二輪車(バイク)実写ゴースト・イン・ザ・シェルビートたけしスカーレット・ヨハンソン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 4-dan 絶品チーズバーガー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)
  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース