東芝、決算発表を再び延期する可能性があるとの報道

2017年3月10日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2月14日、東芝が決算発表を最大一ヶ月延期することを発表していたが(過去記事)、期限の3月14日が迫る中、再び決算発表が延期されるのでは無いかという報道が出ている(TBS News i朝日新聞)。

 まだ確定ではないが、日米の監査法人などの意見が対立しており、調整ができていない状況だという。

 また、東芝関連では傘下の米ウエスチングハウス(WH)が破産専門の弁護士と契約したという報道もある(ロイター)。WHが米連邦破産法11条を適用した場合、新たに東芝の連結決算には3000億円規模の損失が生じる可能性があるという。

 なお、東芝は半導体事業を売却する方針を固めているが、売却先に対し中国などへの技術流出がないよう情報公開を行うことを条件にしていることも明らかになっている

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
東芝、半導体事業の完全売却も視野に 2017年03月02日
東芝、決算発表を最大1か月延期することを発表。米原子力関連会社買収を巡って不適切な行為があった? 2017年02月14日
東芝、メモリ事業の分社化を決定 2017年01月27日
証券取引等監視委員会、東芝の不正会計問題について「400億円規模の粉飾の疑い」との調査結果を発表 2017年01月05日
東芝が数千億円規模の損失を計上する可能性があると発表、株価も大きく下落 2016年12月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東芝半導体弁護士

広告

財経アクセスランキング