トレンドマイクロ、フリーWi-Fiでセキュリティを守るアプリ

2017年3月10日 07:25

印刷

記事提供元:mobilenavi

「フリーWi-Fiプロテクション」利用イメージ(トレンドマイクロ発表資料より)

「フリーWi-Fiプロテクション」利用イメージ(トレンドマイクロ発表資料より)[写真拡大]

 トレンドマイクロは9日、Wi-Fi利用時の通信を暗号化してデータを保護するスマホ・タブレット向けのセキュリティアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売したと発表した。
 同アプリと既に同社が提供しているスマホ・タブレット向け総合セキュリティ対策アプリ「ウイルスバスター モバイル」と併用することで、不正アプリや危険なWebサイトからデータを保護し、さらに通信の盗み見を防げるようになる。

 フリーWi-Fi (公衆無線 LAN)の利用者が増加する一方で、通信を暗号化していない安全性の低いフリーWi-Fi、さらにはサイバー犯罪者が設置した偽のフリーWi-Fiなどもある。しかし、利用者が安全性を接続前に確認してから利用するのは非常に難しい状況にあり、情報漏えい、通信の盗み見などのセキュリティリスクが問題になっている。

 このアプリをインストールすることで、利用者がもし安全性の低いフリーWi-Fiのアクセスポイントに接続した場合でも、通信を暗号化でき、それらのリスクを低減できる。

 価格(税込み)は1OSあたり1年版ライセンスが2,900円、2年版ライセンスが5,000円。更新の際には別途更新のためライセンス費用がかかる。
(記事:阪木朱玲・記事一覧を見る

※このニュースはmobilenaviからの提供です。mobilenaviでは、スマホや最新ガジェットのニュースを配信しています。

関連キーワードスマートフォンセキュリティタブレットWi-Fi(無線LAN)トレンドマイクロ

関連記事