「政府」たる資格が問われていると深刻さを発信、自由党・小沢代表

2017年2月27日 11:49

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 自由党の小沢一郎代表(事務所)は25日のツイッターで、安倍政権について「政府たる資格が問われている」と現在の政府が抱える問題の深刻さを発信した。

 予算委員会で野党議員の質問に政府は「適正、廃棄、知らない、確認してない、何ら問題はない・・・」などを繰り返すことが頻繁だ。このことに「本当にふざけた答弁のオンパレード」と問題視した。閣僚の酷い答弁内容には、同じ与党内の幹部、石破茂前国務大臣も今月24日のブログで「最近、閣僚答弁に原稿棒読みのものが目立つようになったことはとても残念」と酷評した。

 また、小沢代表(事務所)のツイッターでは「タダ同然の売却に何ら問題ないという役所の答弁を聞くと、背筋が寒くなる」とも書いている。大阪府豊中市の国有地が破格で大阪市の学校法人森友学園に払い下げられた問題が連日、国会で審議されているが、そこでの政府側答弁は「売買契約締結で事案は終了しているので、記録は(廃棄され)残っていない」(財務省の佐川宣寿理財局長)、「適正に処理された」などなど。質疑が行われるたびに不可解さが浮き彫りになる。

 小沢代表(事務所)は「内政、外政あらゆることがこんないい加減な感覚で処理されているとしたら、もう最悪である。『政府』たる資格が問われている」と発信。政府には国民の疑問に答えることが求められている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「原稿棒読み目立つ」閣僚に与党の石破氏も苦言
国有地払下げ問題解明へ 関係者に証人喚問を
感謝状取り消し含め適切に対応明言 稲田大臣
国自らゴミの確認なし、撤去費・業者の言い値?
文科大臣は前事務次官に退職金返上を求めよ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪府ツイッター財務省石破茂小沢一郎自由党国会森友学園

関連記事