任天堂、同社とは無関係の公道カートレンタル業者「マリカー」を提訴

2017年2月25日 20:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

insiderman 曰く、 任天堂が、公道カートのレンタル事業を行っている株式会社マリカーに対し、不正競争行為および著作権侵害行為の差止等と損害賠償を求めて提訴を行った(ニュースリリース)。

「マリカー」は任天堂の人気ゲーム「マリオカート」の略称としても知られており、任天堂はこの社名が同社の権利を侵害していると主張。また、公道カートのレンタル時に任天堂が権利を持つ「マリオ」などのキャラクターのコスチュームを貸与していたことについても問題としている。

 マリカーが報道機関向けに公開した声明文によると、同社は24日時点で訴状を受け取っていないが、不正競争行為や著作権侵害行為には該当しないと判断してサービスを提供してきたという。また、任天堂の担当者と数か月前に協議や情報交換を行い、サービスに理解を示す発言が得られたとも述べている。現在のところ、同社Webサイトはダウンしているようだが、TripAdvisorのレビューに写真が多数掲載されている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 任天堂 | YRO | 法廷 | 著作権

 関連ストーリー:
米連邦地裁、フィクションに登場する店名は商標登録していなくても商標保護の対象になると判断 2017年01月15日
欧州司法裁判所、ルービックキューブの立体商標登録を無効と判断 2016年11月12日
ジョン・マカフィー、自分の会社に自分の名前を使う権利があることの確認を求めてIntelを訴える 2016年09月04日
任天堂、マリオシリーズの「コインを取る音」などを商標出願 2016年03月25日
米ヨセミテ国立公園、商標の問題で歴史的建造物などの名称変更へ 2016年01月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害ゲーム任天堂

広告

財経アクセスランキング