NSA、機密情報扱える商用製品にWindows 10とSurfaceデバイス認定

2017年2月13日 08:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは10日、Windows 10およびSurfaceデバイスが米国家安全保障局(NSA)のCommercial Solutions for Classified Program(CSfC)に認定されたことを発表した(Windows For Your Businessの記事CSfC — Components ListSoftpediaの記事Neowinの記事)。

CSfCは米政府機関が機密情報を扱うのに適した安全な商用製品を認定するプログラム。Windows 10はVPNクライアントおよびSurfaceデバイスのOSとしてリストに掲載されている。Surfaceデバイスでは既にWindows 8.1を搭載したSurface Pro 3が認定済みで、今回Windows 10を搭載したSurface Book/Pro 3/Pro 4が追加されている。モバイルデバイスとしてはAppleのiPhone/iPadシリーズやSamsungのGalaxyシリーズ、LGのGシリーズなどがリストに掲載されているが、デスクトップOSを搭載しているのはSurfaceデバイスのみのようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ノートPC | Windows | アメリカ合衆国 | 政府

 関連ストーリー:
ドイツのMicrosoft、Windows 7を3年後のサポート終了まで使い続けないことを推奨 2017年01月17日
米国家安全保障局、「スノーデン事件」の影響で士気低下や人材流出が顕著に 2016年12月15日
CERT曰く、Windows 10でもEMETは無駄ではない 2016年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple安全保障SamsungGalaxyiPhoneiPadMicrosoftWindows 10Windows 8Windows 8.1米国家安全保障局(NSA)Surface

広告