イガル・オゼリの個展「Erasing Photography」代官山で

2017年1月21日 19:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 イスラエルのアーティスト、イガル・オゼリによる日本初の展覧会「Erasing Photography」が2017年1月26日(木)から2月4日(土)まで、東京・代官山ヒルサイドフォーラムで開催される。

 イガル・オゼリはニューヨークを拠点に活動するイスラエル出身のアーティスト。彼の作品はフォトリアリズムの流れを汲む超絶技法で知られており、自然の中での女性の一瞬の姿を、まるで写真のように捉え描いている。一見油彩画には見えない、細かな筆触が特徴だ。

 2010年からは、ミック・ジャガーの娘であるモデルのリジー・ジャガーを冬のニューヨーク、セントラルパークにて描いたシリーズ作品を制作。2015年にはウォール ストリート インターナーショナル誌のアート欄で、彼の作風が「彼はフォトリアリスティックな具象的絵画を、比類のないほど洗練された新しいレベルに押し上げた」と評され話題となった。

 日本初開催となる本展では、リジー・ジャガー、ポーランド出身のファッションモデルであるズザナ・ブッシウォルド、そして今回初めてオゼリ作品のモデルとして起用されたDJのカオパンを描いたシリーズを発表。彼女達を描いたペインティング約15点、ドローイング約5点が展示される。

【詳細】
「Erasing Photography」
期間:2017年1月26日(木)〜2月4日(土)
時間:12:00〜20:00
場所:代官山ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラス F棟1階

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードポーランドイスラエル代官山

関連記事

広告

財経アクセスランキング