ローブス&コンフェクションズ、17年春夏コレクション紹介

2017年1月6日 15:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ローブス&コンフェクションズ(Robes&Confections)の2017年春夏メンズコレクションを紹介する。

 今季はユーティリティとフォークフロアがキーワード。一見交わることのない2つの要素を得意のテーラリングの上で引き合わせ、都会的で機能性も持ち合わせた新感覚のウェアへと昇華させる。

 中米の民族衣装から着想を得た、オリジナルのオルテガパターンの数々。ハッとするようなイエロー、あたたかみのあるレッド、涼しげなブルーと鮮やかなカラーが抜群の存在感を放っている。

 これらの異国情緒あふれる色柄は、あえて得意のテーラードジャケットとぶつけた。直線裁ちでルーズシルエットに仕上げたジャケットは、本来持つ気品とは一味違いどこかやんちゃな印象。一方、オルテガパターンはジャパンメイドならではの精密さを持ち、現地のオリジナルより洗練さを纏っている。一つ既存の個性を打ち消し、一つフレッシュさを纏った2つの要素は、服地の上でドラマティックに融合する。上品で馴染みやすく、そして軽快なモダンフォークフロアが完成する。

 また、ユーティリティの代表として登場したのはスポーツのエッセンス。アウターからのびるドローコードが好例だ。風をはらみ優雅に揺れるボリュームアウターに、ドローコードがギャザーを加え一層豊かな動線を導いている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2017年春夏コレクションローブス&コンフェクションズ(robes&confections)

関連記事

広告