スマートウォッチはもう終わりなのか

2016年12月9日 16:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Apple Watchの発売で注目されたスマートウォッチだが、ブームにはならなかったようだ。来年にはスマートウォッチ向けOS「Android Wear 2.0」のリリースが予定されているが、LenovoやMotorolaといったメーカーはこれに対応するデバイスの発売を予定していないという(The VergeTechCrunch)。

 Motorolaによると「現時点で新しいスマートウォッチ製品をリリースしても、それに見合う十分な市場があるようには見えない」という。またTechCrunchの記事でも「ウェアラブル端末は消えてなくなる」とされており、その代わりたとえば耳の中に入れて使うような新たな「身につけるデバイス」が登場するだろうとしている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
イギリス、閣議中のApple Watch着用を禁止に 2016年10月13日
腕時計の裏蓋に貼り付けてスマートウォッチ化する「Chronos」 2015年11月11日
高級時計メーカーのタグ・ホイヤーがスマートウォッチを発表 2015年11月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース