国王の死去でモノクロになるタイのインターネット

2016年10月17日 22:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 13日にタイで国民に人気の高かったプミポン国王の崩御が発表され、政府は1年間の喪中と、特に30日間は娯楽や祝い事を自粛するよう呼びかけているという事なのだが、その影響がインターネット上にも広がっていることが報じられている(朝日新聞ガジェット通信)。

 追悼メッセージの掲載の他に、Webサイトをモノクロにすることが広く行われており、政府サイト大使館などの公的機関の他、GoogleのタイドメインやLINEなどの外国企業も追随しており、LINEは特徴的な緑色のアイコンを黒色に代えて運営を行っているとのこと。また、タイ人向けサイトのみならず、タイ観光庁タイ国際航空の日本語サイトもモノクロ化が図られている。この動きは個人にも広がっているということで、タイのSNS上では、アイコンを黒色やモノクロに変更するユーザーが相次いでいるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
カラープリンタが使えなかったホワイトハウス 2016年04月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタイ(国)

広告