スバル、「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」 スタイリッシュな内外装

2016年10月3日 21:53

小

中

大

印刷

富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」。(写真提供:富士重工業)

富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」。(写真提供:富士重工業)[写真拡大]

写真の拡大

  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」。(写真提供:富士重工業)
  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」。(写真提供:富士重工業)
  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」の特別装備 プッシュエンジンスイッチ(キーレスアクセス&プッシュスタート)。(写真提供:富士重工業)
  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」の特別装備 アクセスキー(キーレスアクセス&プッシュスタート)。(写真提供:富士重工業)
  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」の特別装備 運転席&助手席8ウェイパワーシート(写真は運転席)。(写真提供:富士重工業)
  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」の特別装備 インパネ加飾パネル(クロスメッシュ+シルバー塗装)。(写真提供:富士重工業)
  • 富士重工業が10月3日に発売した、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」の特別装備 ウルトラスエード/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ、専用タグ付)。(写真提供:富士重工業)

 富士重工業は3日、クロスオーバーSUV「フォレスター」の特別仕様車「Style Modern」を同日発売すると発表した。スバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車「スバル1000」の発売から50周年を記念した特別仕様車の第6弾となる。

 「Style Modern」は、「2.0i-L EyeSight」をベースに、内外装に都会的なスタイリッシュさを加えた特別仕様車。インテリアではシート表皮にブル―グリーンステッチを施した専用のウルトラスエードシートを採用。エクステリアではサイドウインドゥ全周とサイドクラッディングにクロームモールを採用したほか、オプションとして「S-Limited」に標準装備の18インチアルミホイール&タイヤを選択可能とした。

 ボディカラーは、クリスタルホワイト・パール(3万2,400円高)、アイスシルバー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、セピアブロンズ・メタリック、ジャスミングリーン・メタリック、ヴェネチアンレッド・パール(3万2,400円高)、ダークブルー・パールの8種。

 価格は、280万8,000円。販売計画は、月販400台。

関連キーワード特別仕様車SUV富士重工業スバルクロスオーバーフォレスター

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース