富士スバルラインの管理運営会社に富士重がパトカー「フォレスター」を寄贈

2016年9月18日 22:30

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

富士重工業が富士スバルラインを運営する山梨県道路公社富士山有料道路管理事務所に寄贈した車両「フォレスター X-BREAK」

富士重工業が富士スバルラインを運営する山梨県道路公社富士山有料道路管理事務所に寄贈した車両「フォレスター X-BREAK」[写真拡大]

写真の拡大

 富士重工業は2016年9月、富士スバルラインを運営する山梨県道路公社富士山有料道路管理事務所(山梨県南都留郡富士河口湖町)に、スバル・フォレスター X-BREAK 1台をスバルラインのパトロールカーとして寄贈した。

 同時に、富士山および富士北ろく地域の清掃と美化啓発に取り組む「富士山をきれいにする会」(山梨県甲府市)の清掃活動へ参加し、その活動資金として100万円の寄付も行なった。

 富士スバルラインは1964年に供用開始された山梨県営初の富士登山有料自動車専用道路で、その名称は一般公募により命名された。当時の開通式典には政府関係者、山梨県関係者とともに当時の富士重工業・副社長の大原栄一が出席した。式典後には富士スバルライン開通式で「スバル360」によるパレードランが行なわれるなど、富士重にたいへん縁の深い道路だ。

 今回の車両の寄贈ならびに寄付は富士重工業の社会貢献活動の一環として、2014年に開始したもの。富士スバルラインを中心とした富士山周辺地域の環境維持保全活動に対し、今後も継続的に幅広い協力や活動を行なっていく計画の一環だ、としている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
【自動車業界の2016年4~6月期決算】国内販売は不振続き。海外販売は円高の悪影響をもろに受け、ガマンの時期が続く
名車「スバル360」初代モデルが、日本機械学会により「機械遺産」に認定
STIがチューンした特別仕様車「SUBARU XV HYBRID tS」の先行予約開始
富士重、今秋に発売の新型インプレッサを公開、ティーザーキャンペーン始まる
2016年半期自動車販売、前年比95.2%。年間販売は2011年以来の500万台割れか?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード山梨県富士重工業スバル自動車

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース