スバル、レガシィ アウトバックの特別仕様車「X-ADVANCE」

2016年9月8日 22:07

小

中

大

印刷

スバルのフラッグシップSUV「レガシィ アウトバック」の特別仕様車「X-ADVANCE(エックスアドバンス)」(写真提供:富士重工業)

スバルのフラッグシップSUV「レガシィ アウトバック」の特別仕様車「X-ADVANCE(エックスアドバンス)」(写真提供:富士重工業)[写真拡大]

写真の拡大

  • スバルのフラッグシップSUV「レガシィ アウトバック」の特別仕様車「X-ADVANCE(エックスアドバンス)」のインテリア。(写真提供:富士重工業)

 富士重工業は8日、スバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車「スバル1000」の発売から50周年を記念した特別仕様車の第三弾として、フラッグシップSUV「LEGACY OUTBACK(レガシィ アウトバック)」に「X-ADVANCE(エックスアドバンス)」を設定し、2017年1月9日に発売すると発表した。

 富士重工業によると、「X-ADVANCE」は、レガシィ アウトバックをベースに、「本物の機能性を備えたスタイリッシュなアウトドアギア」をデザインテーマとして開発した特別仕様車。インテリアは、撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせて機能性を高めた専用シートを採用。運転席周りは光輝パーツによる装飾をしないことで、道具の持つ本質的な素材感を大切にしながらも、ステアリングやシフトブーツにイエローグリーンステッチを施すことで洗練された印象を表現したという。

 エクステリアは、アルミホイールのガンメタリック化やルーフレールとドアミラーをブラック化することで、道具としての機能性を表現。サイドクラッディングに付く OUTBACK オーナメントのカラーをイエローグリーンに変え、特別感を演出した。

 メーカー希望小売価格は321万8,400円(税込)。販売計画は、月販 125台。

関連キーワードフラッグシップ特別仕様車SUV富士重工業スバルレガシィ アウトバック

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース