パンダの絶滅危機は一安心、ゴリラは「絶滅まであと一歩」

2016年9月8日 10:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 一時は絶滅が危惧されていたジャイアントパンダだが、中国による保護政策によって現在でぇあ個体数が増えているという。そのため国際自然保護連合(IUCN)は4日、絶滅危惧種リスト(レッドリスト)におけるジャイアントパンダの扱いを近い将来における野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類(絶滅危惧種)」から、絶滅の危険が増大している「絶滅危惧II類(危急種)」に変更したとのこと(MSNニュース)。

 一方、ヒガシゴリラ、ニシゴリラ、ボルネオオランウータン、スマトラオランウータンの4種が「野生での絶滅まであと一歩」とされる「絶滅危惧IA類」に指定されている。なお、野生のジャイアントパンダの成獣は約1864頭、幼獣を加えると約2060頭と推定されている。東ゴリラの亜種であるヒガシローランドゴリラは3800頭、マウンテンゴリラは880頭と推定されているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
スッポンが絶滅危惧種に 2016年07月06日
「実は現在は6度目の大量絶滅期である」という論文が発表される 2015年08月26日
太平洋クロマグロ、国際自然保護連合による絶滅危惧種に指定される 2014年11月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国絶滅危惧種レッドリストジャイアントパンダパンダゴリラオランウータン

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース