岸田外相が駐日中国大使に抗議 日中関係悪化と

2016年8月9日 21:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 中国公船による尖閣諸島周辺での我が国領海侵入など緊張した情勢が続く中、岸田文雄外務大臣は9日午前、程永華(てい・えいか)駐日中国大使を外務省に召致し、強く抗議した。

 岸田外務大臣は「今月5日以降、我が国尖閣諸島の周辺海域で中国が我が国からの度重なる抗議にもかかわらず、多数の公船の派遣や度重なる領海侵入等、我が国の主権を侵害し、一方的に現場の緊張を高める行動をとっていることは断じて受け入れられない」と抗議した。

 また、6月には中国海軍艦艇が尖閣諸島周辺の我が国接続水域に入ったことも踏まえ「中国側が一方的に現状を変更しようとしている」と指摘。「日中関係をめぐる状況は著しく悪化していると言わざるを得ない」と懸念していることを伝えた。

 また「事態の収束には中国側が一刻も早く公船を引き揚げさせ、誰の目にも明らかなように現場の状況を改善させるしかない」と強く求めた。これに対し、程駐日中国大使は中国側の主張を繰り返したもよう。中国側の海洋進出活発化が懸念される状況が続いている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
尖閣で事態エスカレートされる事ないよう対応
尖閣の領海侵入に毅然かつ冷静に対処する 政府
中国公船による連日の領海侵入に強く抗議 日本
日中『地理的中間線』中国側動きに一層注視必要
尖閣に外観上武器搭載中国海警と漁船約230隻

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国岸田文雄外務省尖閣諸島

関連記事

広告