スバルのマレーシア製フォレスターがバンコクショーで初公開

2016年3月18日 20:51

小

中

大

印刷

スバルがバンコク国際モーターショーで初公開するマレーシア製フォレスター (写真提供:富士重工業)

スバルがバンコク国際モーターショーで初公開するマレーシア製フォレスター (写真提供:富士重工業)[写真拡大]

写真の拡大

 富士重工業は18日、タイのバンコクで開催予定の「第37回バンコク国際モーターショー」に、マレーシアで2月にKD(ノックダウン)生産を開始したフォレスターを初公開すると発表した。

 フォレスターは「SUV としての本質的な価値の実現」を追及するというスバルのSUV旗艦モデル。スバル独自のシンメトリカルAWDを核に、高い走行性能、安全性能、環境性能を実現しているという。

 なお、マレーシア製フォレスターは、タンチョン・グループのスバル販売網を通じて春にマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売を予定している。

関連キーワードSUV富士重工業スバルタイ(国)マレーシアフォレスター

広告

財経アクセスランキング