11月の家計消費支出、前年比2.9%減―3カ月連続減少 

2015年12月25日 09:30

小

中

大

印刷

1世帯当たりの消費支出(2人以上の世帯、前年同月比、実質)の推移を示すグラフ。(総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)」をもとに編集部で作成)

1世帯当たりの消費支出(2人以上の世帯、前年同月比、実質)の推移を示すグラフ。(総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)」をもとに編集部で作成)[写真拡大]

写真の拡大

 総務省が25日発表した11月の家計調査報告(2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は27万3268円で、前年同月比実質2.9%の減少となった。減少は3カ月連続である。名目では2.5%減少した。個人消費支出は、5月と8月に前年比プラスに転じたものの、年間を通して前年比ほぼマイナスで推移しており、個人消費から見た景気は、停滞ないし足踏みの状況にあるといえる。

 同月の消費支出の内訳では、食料がマイナス1.0%、光熱・水道が同1.1%、家具・家事用品が同2.8%、被服及び履物が同13.8%、保健医療が同3.8%、教養娯楽が同5.8%、交際費などその他の支出が同8.6%と、いずれも前年同月比実質マイナスとなった。プラスとなったのは、住居費の18.4%、教育費の0.4%などである。

 消費支出を押し下げた主な要因は、交際費、自動車関係費などが減少したことによる。

 2人以上の世帯のうち、勤労世帯の実収入は、42万5692円で、3カ月連続の減少である。このうち、世帯主の収入は34万6825円で、前年同月比3.2%の減少、配偶者の収入は5万7099円で同5.4%の増加となった。(記事:南条 誠・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース