東芝、タンザニアの地熱発電事業で協業

2015年12月8日 16:05

小

中

大

印刷

 東芝は8日、タンザニア地熱開発公社(Tanzania Geothermal Development Company Limited)と、地熱発電事業における包括的な協業に合意し、覚書を締結したと発表した。両社は、タンザニアにおける地熱発電事業や人材育成を共同で進めていく。

 タンザニアは、アフリカではケニアとエチオピアに次ぎ、5,000メガワット級の地熱資源量を有すると考えられている。今後、2025年までに既存の1,577メガワットの発電設備容量を1万メガワットまで急増させる計画があり、地熱発電への期待が高まっている。

 タンザニア地熱開発公社は、タンザニア国営電力公社(Tanzania Electric Supply Company)の子会社で、国内唯一の地熱開発権を持ち、開発から発電所の建設に至るまでの事業を担っている。

関連キーワードアフリカ東芝地熱発電タンザニア

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース