ケイト・ブランシェット主演作『キャロル』2016年2月公開、パトリシア・ハイスミスのベストセラーを映画化

2015年10月28日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

映画『キャロル』(原題:CAROL)が、2016年2月11日(祝・木)に日本で公開されることが決定。原作は『太陽がいっぱい』、『見知らぬ乗客』などで知られる作家パトリシア・ハイスミスのベストセラー作品『ザ・プライス・オブ・ソルト』。


[ この記事の画像を見る ]


『エデンより彼方へ』の鬼才・トッド・ヘインズが監督を務めた本作は、1952年のニューヨークが舞台。クリスマスで賑わう百貨店でアルバイトをするテレーズは、娘へのプレゼントを探しにきたキャロルに出会う。エレガントで洗練された彼女の美しさに、たちまち心を奪われたテレーズは、送り先伝票からキャロルの住所にクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、キャロルから連絡が届き、二人は会うことに……。


豪華出演者にも目が離せない。『ドラゴン・タトゥーの女』で、アカデミー主演女優賞にノミネートされた若手女優のルーニー・マーラと、『ブルー・ジャスミン』でついにアカデミー主演女優賞を射止めたケイト・ブランシェットが共演。テレーズとキャロルの女性同士の恋、2人の逃避行の旅が、映画では描かれる。


本年度アカデミー賞レースもすでに最有力候補、忘れられない愛の名作ともいえる一本。是非あなたの目で確かめて。


※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース