日本上陸20年「マックス アンド コー」 表参道店新装オープンでオリヴィア・パレルモが来日

2015年10月22日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 イタリアのファッションブランド「マックス アンド コー(MAX&Co.)」が日本上陸20年周年を迎えた今秋、旗艦店の東京・表参道店をリニューアル。10月21日のグランドオープンに合わせて、同ブランドのスタイル・アンバサダーを務めるオリヴィア・パレルモが来日した。

 新コンセプトショップは、店舗4フロアとショールーム1フロアで構成。建築デザインに伊ミラノ在住の建築家アンドレア・トニョンを起用した。イタリア産のチポリーノ大理石をふんだんに使用した店内は、アームチェアやコーヒーテーブル、雑誌などを置き、ミラネーゼのアパートメントを訪れたようなリラックスした空間を創出している。リニューアル後の表参道店は、ウィメンズウエア・コレクションをフルラインナップ。

 NY出身のオリヴィアは、米国社交界で活躍するソーシャルライツ。MTVのリアリティー番組「The City」に出演し一躍人気に。2014年に結婚したドイツ人モデルのヨハネス・ヒューブルとともにファッションセンスの高さでも注目を集めている。ロベルト・マッキアMAX&Co.ジャパン社長とモデルの森泉とともに登場したオリヴィアは、新店舗について聞かれ、「外観がとても美しく、清潔でモダンなムードはブランドのイメージにぴったり。様々な色や素材が使われているところは、マックス アンド コーの洋服のコンセプトにも通じている」とコメント。今秋冬おすすめのスタイリングについて、「日本に来ると私の方がいつもおしゃれのヒントをもらっている」としながら、「色を混ぜて取り入れるのが好きだから、例えばマスタード色のセーターに、ブルーのジャケットの組み合わせがおすすめ。色を使うのが苦手ならアクセサリーで差し色を加えてみて」と話した。

 一方、森泉は、表参道店のリニューアルを記念して発売した日本限定コレクション“Origami”を着用して登場。「イタリアの生地に折り鶴のパターンは、まさにイタリアと日本の融合。軽くて着やすいし、大人っぽいので、女子会やパーティーでも着てみたい」と話した。

 日本限定コレクションは、同ブランドの定番「コローラドレス」のカプセルコレクションとして企画したもの。イタリア生産ジャカード生地に折り鶴のパターンを施した“Origami”(ブルー、グレーの2色展開)は10月21日発売。菊の花をあしらった“KIKU”(同)は11月上旬発売予定。ともに税抜き6万4,000円。

 「マックス アンド コー」は、1995年に三越恵比寿店に国内1号店をオープン。同年、東京・表参道に旗艦店を出した。日本国内では現在、直営店2店舗のほか、全国百貨店24店舗、アウトレット3店舗を運営している。

 

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

広告