スマホ周辺機器の購入率トップは「カバー/ケース」

2015年5月6日 13:06

小

中

大

印刷

購入製品トップ3 (シード・プランニングの発表資料より)

購入製品トップ3 (シード・プランニングの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 シード・プランニングは、スマートフォン/タブレットユーザーの周辺機器・アクセサリー購入動向調査を実施し、1日に発表した。

 それによると、この1年間の購入率が高い製品ベスト3は、①スマートフォンのカバー/ケース、②スマートフォンの画面保護フィルム、③イヤホン/ヘッドセットとなった。

 スマートフォンのカバー/ケースは「1,000円~2,000円未満」が最も多いが、最近1年間の購入では購入価格帯がやや高くなっているという。スマートフォンの画面保護フィルムでも1,500円以上の高めの製品を購入するユーザーが増えてきている。

 また、端末の不満としては、バッテリーの持ち時間が3年連続1位だったが、不満とした率は2年前の56.3%に対して35.1 %と、減少傾向にあることがわかった。

関連記事

広告