【狙い場・買い場】住友大阪セメントは日経225採用で出遅れ感顕著、増収増益で年6円配当狙い有効

2015年1月30日 09:45

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 住友大阪セメント <5232> は下値不安が少なく割安感があり、日経225採用の低位銘柄として出遅れ感があり注目したい。

 主力のセメント関連のほか、鉱産品関連、建材関連、光電子関連、その他事業を手掛けている。セメント業界では、セメント国内需要が前年同期を1.3%下回る22,610千トンとなった一方、輸出は前年同期を11.1%上回り、輸出分を含めた国内メーカーの総販売数量は、前年同期を1.2%上回る27,051千トンと増加した。

 この中で、同社グループは、セメントをはじめとする各種製品の安定供給を推進するとともに、持続的発展を目指し、グループを挙げてコスト削減等への取り組みに注力している。

 2015年3月期業績予想は、売上高が2360億円(前期比0.4%増)、営業利益が220億円(同2.3%増)、経常利益が230億円(同2.7%増)、純利益が121億円(同9.2%減)を見込んでいる。年間配当は6円(同1円増)と増配を予定している。

 株価は、昨年3月25日につけた昨年来の高値448円から同10月16日安値318円と調整し三段下げ終了。その後、340円割れを下値にモミ合いを続けている。

 セメント国内市場は20年の東京五輪関連工事が一巡すれば需要が減る見通しだが、収益体質の改善により、国内で年間100億円の純利益が見込まれる体質に生まれ変わっているほか、アジア・太平洋を中心とした海外需要の取り込みに対する期待感がある。また、配当性向2割目標、自社株買いを検討してることが注目される。今期予想PER11倍台と割安感があり、日経225採用の出遅れ低位銘柄として底上げが期待されそうだ。(N)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
大日本印刷は高性能な静電容量式タッチパネル用電極フィルムの量産を専用ラインで開始(2015/01/22)
【狙い場・買い場】DCMホールディングスは配当利回り2.6%、PBR0.6倍台の割安好業績(2015/01/22)
トヨタ自動車:バーチャルリアリティ空間で、運転時の集中力をチェック!(2015/01/22)
【業績でみる株価】川崎地質の業績は老朽化したインフラ施設の点検需要や地質調査で業績V字型回復、株価安値圏で動意含み(2015/01/24)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース