【コレは便利】世界最薄! 厚さ0.34mmの印鑑『スマート印鑑』が新発売

2014年11月12日 21:17

小

中

大

印刷

厚さ0.34mmで世界最薄の印鑑『スマート印鑑』

厚さ0.34mmで世界最薄の印鑑『スマート印鑑』[写真拡大]

写真の拡大

  • アンディは、厚さ0.34mmで世界最薄の印鑑『スマート印鑑』を11月21日に発売する。

 アンディは、厚さ0.34mmで世界最薄の印鑑『スマート印鑑』を11月21日(金)より東急ハンズ他で発売すると発表しました。

●なんと厚さは0.34mm!

 『スマート印鑑』は、インクの部分だけを持ち運べるという新世代転写技術によって作られた厚さ0.34mmの印鑑。同社の2014年10月時点の調査によると、これは世界で最も薄い印鑑だということです。その薄さから、財布や手帳、名刺入れなど毎日持ち歩くものにスマートに収納しておくことが出来る優れもの。

●朱肉で押したようにキレイ!

 気になるその押印方法は、印刷部分を指で3〜5秒間強く押すだけ。印影が紙面に密着するフラットで仕上がりで、にじみや色褪せもないとのこと。朱肉で押印したかのように鮮明な印影が浮かび上がるそうです。

 価格は380円(税抜)で、初回は100種の名字がラインアップされます。普段持ち歩く物に忍ばせておけば、急な押印が必要になった時に「今日、印鑑持ってきていない!」と慌てたり、町のはんこ屋さんに駆け込むことなくスムーズに押印ができますね。ご自身の名字が販売されている方はぜひチェックしてみてください。(記事:谷津沙夏・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース