「Halo 4」の発売初日の売上は全世界で2億2000万ドル、米国で今年最高の記録

2012年11月16日 12:37

小

中

大

印刷

画像:日本マイクロソフト

画像:日本マイクロソフト[写真拡大]

写真の拡大

 マイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox 360」用に11月6日(日本では11月8日)に発売したゲームソフト「Halo 4」の発売初日の売上が、全世界で2億2000万ドルに達し、米国史上最高の初日興行成績を達成した『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2』の記録や、2012年最大のヒット映画『アベンジャーズ』の記録をアメリカ国内の売上だけで塗り替えたことがわかった。

 また、「Halo 4」は全世界での売上が初週だけで3億ドルを上回ることが予測されている。これは「Halo」シリーズ最高のローンチ記録であると共に、エンターテイメント作品のローンチとして2012年の最高記録となる。

 「Halo 4」の発売により、「Halo」シリーズのシリーズ累計売上は33億8,000万ドルを超え、世界で最も人気の高いエンターテイメント作品としての地位を確立させた。また「Halo 4」のプレイヤー数は発売から5日間で400万人を超え、シリーズ最高のプレイヤー数を記録した。「Halo 4」のオンラインプレイ時間は累計で3,140万時間におよび、シリーズ全体での累計オンラインプレイ時間は50億時間を超えている。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース