【引け後のリリース】ビックカメラは今期純益8割増の急回復を見込み「反動減」奪回へ

2012年10月11日 21:37

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前8月期は特需の反動で大幅減益だが織り込み感

  ビックカメラ <3048> が11日の大引け後に発表した2012年8月期の連結決算は、売上高が前期比15.4%減の5180.57億円となり、営業利益は同79.6%減の40.69億円に、純利益は同55.7%減の40.07億円となった。1株純資産は4万2171円41銭。地上デジタル移行による特需の反動減が主要因。

  このため、今期・2013年8月期の連結業績予想は急回復を見込み、売上高は62.1%増の8400億円、営業利益は3.4倍の140億円、純利益は82.1%増の73億円とした。予想1株利益は4250円22銭。

  株価は5月から8月まで6000円近く上げ、高値は8月15日の4万2500円。その後は3万8250円まで下げ、もみ合いに転じ、本日の終値は3万9500円(250円高)。1株純資産を下回っている。前期の大幅減益予想は、すでに日本経済新聞などで伝えられており、もみ合う過程で織り込んだとの見方が多い。予想1株利益からのPERは9倍台前半になり、割安感を見直す展開が予想される。11年7月には5万1700円の高値がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】インテージ1月安値接近もキープし底打ち感台頭、好業績見直しへ(2012/10/11)
【株式評論家の視点】任天堂株価はクリスマス人気に突入、新型機投入、空売り増で拍車(2012/10/11)
急騰銘柄を徹底予想する日刊株式投資情報新聞(メルマガ無料)好評!会員が急増中(2012/07/20)
プロの記者が急騰銘柄を徹底予想!日刊株式投資情報新聞(無料)メルマガ登録受付中!(2012/07/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース