【引け後のリリース】スターキャット・ケーブルネットワークに類似企業がTOB

2012年2月20日 19:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■上場廃止になる見込み

  中京地区でケーブルテレビ事業を展開するスターキャット・ケーブルネットワーク <4339> (JQS)は20日の大引け後、類似業態のコミュニティネットワークセンター(非上場、名古屋市)がスターキャット・ケーブルネットワークに対し1株7万9300円でTOB(株式公開買付)を行なうと発表した。買い付け期間は2月21日から3月22日。完全子会社化を目指し、スターキャット・ケーブルネットワークは上場廃止になる見込み。両社は、すでに買付者のインターネット接続サービス事業で協業している。

  さる2月3日に発表した今3月期の業績予想は、前期比で完全に黒し転換の見込み。売上高は前期比11.8%増の94.6億円、営業利益は黒字転換し5.99億円。これを、本日、減額修正し、売上高は82.2億円、営業利益は2.16億円とした。

  株価は昨年12月の4万3000円を安値に出直る相場となり、2月1日に4万8100円まで上昇。その後も堅調で、20日の終値は4万7900円(400円高)だった。TOB価格は7万9300円。明日のストップ高は5万4900円(7000円高)になる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目のリリース】プリント基板設計などの図研が記念特別配当(2012/02/20)
【注目の決算発表】KNTは連続2倍純益増益予想も反落(2012/02/20)
犬丸正寛の相場格言~データでは説明できない先人の知恵をもとに株式投資で大成功~(2012/02/02)
株式評論家・浅妻昭治のマーケットセンサー(銘柄発掘の王道を伝授・注目株厳選)メルマガがスタート!登録受付中(2012/02/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース